千葉の鍼灸 | アトピー /各種アレルギー専門鍼灸院
てんびん鍼灸治療院ロゴ
電話番号
web予約
line予約
  • トップページ
  • 来院の前に
  • 施術の流れ
  • 施術内容・料金
  • お客様の声
  • アクセス
アトピー・アレルギーへの新しい知識コラムバナー
  • トップページ
  • 来院の前に
  • 電話予約
  • web予約
  • line予約

接触性皮膚炎について

当院では、アレルギー/過敏症症状全般の施術に力を入れております。

接触性皮膚炎について

皮膚炎

接触性皮膚炎は、皮膚になんらかの刺激やアレルゲン(抗原)が接触したことをきっかけに引き起こされる皮膚の炎症反応のことです。
一般に「かぶれ」と言われるもので、大人であれば見聞きしたことがある人も多いのではないでしょうか。

接触性皮膚炎の分類

接触性皮膚炎は2種に大別されます

  • 刺激性接触性皮膚炎(irritant contact dermatitis : ICD)
  • アレルギー性接触性皮膚炎(allergic contact dermatitis : ACD)

この2種に加えて

  • 光接触皮膚炎(光アレルギー性皮膚炎/光毒性皮膚炎)
  • 全身性接触皮膚炎
  • 接触皮膚炎症候群
  • 接触蕁麻疹

のように分類されることもあります。
それぞれについて見ていきましょう。

刺激性接触性皮膚炎(ICD)

免疫反応を介さず、化学物質など接触源そのものの毒性によって直接皮膚表面の組織が壊されて引き起こされる皮膚炎を指します。
痒みよりも痛みが見られやすくなります。

アレルギー性接触性皮膚炎(ACD)

免疫系が関わります、接触した物質を身体が自己にとって敵とみなしてしまった場合に過剰反応の土台が出来上がります。これを感作と言います。
感作がどのタイミングで起こるかはわかりません。いつも使用していたものがある日突然身体に合わなくなってしまうようなこともあります。
原因物質に触れてから症状が出てくるまでには数時間~数日間と幅があります。
痒みが強く出ることが多くなります。

光接触皮膚炎

皮膚炎(かぶれ)が引き起こされるのに光刺激が関わるものを言います。代表的な光刺激は日光(紫外線)です。
この光接触皮膚炎には、光毒性接触皮膚炎と光アレルギー性接触皮膚炎という2種が存在します。

光毒性接触皮膚炎は皮膚上の特定の化学物質と日光(紫外線)が組み合わさることで現れる症状です。
紫外線により活性酸素が発生し組織や細胞を傷つけてしまうのです、免疫反応は関係ありません。
日焼けをしたような赤みや腫れが出た後、皮が剥けたり色素沈着が残ったりします。
日光に曝された皮膚の部位にのみ発生し、日光に曝されて数時間以内に発症するのが特徴です。

光アレルギー性接触皮膚炎には免疫系が関わります、日光(紫外線UV-A)刺激によって特定の物質が光アレルギーの誘発物質となってしまいます。
発赤、痒み、蕁麻疹様の水疱、斑点などが出てきます。
日光に曝されていない皮膚の部位にも発生し、日光に曝されてから3日後ぐらいまでに発症するのが特徴です。

全身性接触皮膚炎 

接触によって*感作が成立した後、同じアレルゲンが経口・吸入・注射のような、皮膚への接触以外の方法で体内へ入ることで局所ではなく全身的に皮膚炎を起こしてしまったものです。
全身型金属アレルギーもここに含まれます。

接触皮膚炎症候群

接触によって*感作が成立した後、同じアレルゲンが繰り返し皮膚に接触し痒みや皮膚炎の症状がアレルゲンの接触箇所以上に全身的に広がってしまったものです。

*感作:なんらかのアレルゲンに接触した際、それを異物とみなし再接触に備えて免疫機能がIgE抗体を作りだし、再びアレルゲンと接触した時にこのIgE抗体が働きアレルギーを引き起こしますが、このアレルギーを引き起こす待機状態になることを感作と言います。

接触蕁麻疹

皮膚や粘膜に物質が接触することで発生する蕁麻疹のことを言います。反応の違いからアレルギー型、非アレルギー型、未定型の3種に分類されます。

アレルギー型は原因物質が触れた場所以外にも蕁麻疹が見られ呼吸器系や消化器系の症状がみられたり、アナフィラキシーショックとなってしまうことまあります。

非アレルギー型は原因物質が触れた場所の症状だけというのが一般的です。原因物質の量や接触時間などで症状が増減します。

未定型はアレルギー型と非アレルギー型のどちらとも言えない症状のあるものになります。

 

接触性皮膚炎の原因物質

前述した分類によって原因刺激/物質は異なってきます。代表的なものを順番に見てみましょう。
あくまで参考例になります、実際にはあらゆるものに反応が出ていてもおかしくありません。

刺激性接触性皮膚炎(ICD)

石鹸、シャンプー、洗剤、界面活性剤、皮革製品、酸、アルカリ、溶剤(アセトン等)、植物(ポインセチア、コショウ)、尿、唾液 など

アレルギー性接触性皮膚炎(ACD)

金属(ニッケル、コバルト、クロム、水銀)、植物(ウルシ、ブタクサ、アザミ、等)、化粧品(カラーリング剤、マニキュア除光液、制汗剤、保湿剤、日焼け止め等)、医薬品(抗菌薬)、ゴム、香水、樹脂(レジン)、アクリル樹脂、切削油、靴のなめし材、酸化防止剤、染料 ホルムアルデヒド など

光接触皮膚炎

日焼け止め、湿布(ケトプロフェン)、ベルガモット油、香水、コールタール など

全身性接触皮膚炎

水銀、口腔内歯科金属、など

接触皮膚炎症候群

何が、ではなく原因物質への頻回の接触が誘引となります。

接触蕁麻疹

ラテックス、エビ、イカ、バナナ、リンゴ、メロン、キウイ、モモ、アボカド など

 

接触性皮膚炎の症状

接触性皮膚炎は分類の違いこそあれ外見的な症状はほぼ同じような状態になります。

  • 痒み
  • ヒリヒリとした痛み(特に刺激性接触性皮膚炎)
  • 赤み(紅斑)
  • 腫れ
  • 肌荒れ
  • 時として湿疹
  • 時として小水疱

刺激性接触皮膚炎は原因物質に接触後早期に症状が現れ、原因物質との接触を断てば症状は2、3日で緩和してきます。
一方でアレルギー性接触皮膚炎の場合は接触後~72時間前後まで症状が現れる可能性があり、時間が経つに連れ症状が増強してきくる傾向があります。

 

接触性皮膚炎に対する当院の施術法

接触性皮膚炎でお悩みの方の場合、当院での施術第一選択はアラテックセラピーになります。

アラテックセラピーは身体が過敏反応を起こしてしまっている物質や刺激を見つけ出し、その物質や刺激に対する過敏反応を元通りにリセットするための施術法です。
痛みや侵襲性なく受けていただけますので、お子様やシニアの方でも安心してご相談ください。

施術回数目安

接触性皮膚炎に対する施術では、施術対象となる物質/刺激の数によって施術回数に差が出てきます。
極端な話、施術対象が「カラーリング剤だけ」ということであれば1~3回で施術は完了します。

カラーリングが合わないから髪を染められない、、、

 

大好きなアクセサリーが着けられなくなってしまった、、、

ナックレス 金属アレルギー

洗剤による手荒れのケアがいつも面倒、、、

そのようなお悩みのある方にぜひ体感していただきたい施術法です。
ちょっとしたことでも積み重なるとストレスになってしまいますよね。
当院では皆さんのアレルギー/過敏症でのお悩みを解消し、笑顔で過ごせる日々を取り戻すお手伝いをさせていただいています。

アラテックセラピーでは、接触性皮膚炎も施術対象となっております。相談フォーム、お電話で直接お問い合わせください。

施術例・関連リンク

アラテックセラピーとは

金属アレルギーについて

アレルギーと栄養

てんびん鍼灸治療院Instagram

※開いたらエラーになります

てんびん鍼灸治療院のご案内

てんびん鍼灸治療院

所在地 〒270-0023 千葉県松戸市八ヶ崎8‐21‐5-101
電話番号 047-711-8990

診療受付時間

診療時間
10時〜17時

営業日 10:00〜17:00
定休日 日・祝・月(その他不定休あり)

※当院は予約優先制・はじめての方は1日1名までとなっております。
当日のご予約をご希望の方は、お電話にてご予約下さい。

お電話でのご予約は

「ホームページを見て…」とお電話下さい

クリックで電話がかかります

tel.047-711-8990

時間外インターネットでのご予約は

お急ぎの方はお電話でご予約下さい。

無料相談も受付中です。
「これってアレルギー症状?」「私の症状は診てもらえる?」など、不明な点はお気軽にご連絡ください。

更新日:

Copyright© てんびん鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved.