千葉の鍼灸 | アトピー /各種アレルギー専門鍼灸院
てんびん鍼灸治療院ロゴ
電話番号
web予約
line予約
  • トップページ
  • 来院の前に
  • 施術の流れ
  • 施術内容・料金
  • お客様の声
  • アクセス
アトピー・アレルギーへの新しい知識コラムバナー
  • トップページ
  • 来院の前に
  • 電話予約
  • web予約
  • line予約

アレルギーあれこれ コラム

アレルギーと皮膚

更新日:

皮膚の領域

大部分のアレルギー/過敏症の症状は、「アレルゲン」を「皮膚」が感知することで現れている。

 

そのように考えることができ、このあらゆる刺激に反応し得る「皮膚」に対して、当院はアラテックセラピーを基準とした下記のような見解を持っています。

 

想像してみてください。

我々の身体の表面を包んでいる皮膚と、口から肛門に至るまでの消化管の粘膜、そして鼻口から気管支に至るまでの気道の粘膜は途切れることなく繋がっています。

 

イメージしやすいように雑に表現させてもらうと、人間はトイレットペーパーの芯のように、外部と接する中腔構造を持った生命体ということになります。

 

消化管の内壁(内側)や気道の内壁(内側)は粘膜組織で覆われているわけですが、私はこれら粘膜組織を身体の内側の皮膚と捉えて話をしています。

 

皮膚とアレルゲンとの接触がスイッチ

例外があることもわかってはいるものの、アレルギーや過敏症の大多数の症状が、アレルゲンとの「接触」をきっかけとして引き起こされます。

当然の事ですが、アレルゲンとの接触がなければ身体が過剰に反応する必要がないので症状は出ないのです。

物質に触れた時、化学物質を吸った時、特定の飲食物を摂取した時、大気中の浮遊物に曝された時など、

アレルゲンの種類や形状は異なっていても、

身体を包んでいる、この内外の皮膚という、自己と非自己(自分以外の万物)を隔てる境界にアレルゲンが触れた時に、症状が誘発されています。

こと、アレルギー症状の出現に関して、身体の外側の皮膚と内側の皮膚(粘膜)に共通する極めて重要な役割の1つは、この「自己と非自己の識別」になります。

自己と非自己を隔てる皮膚という境界で何が起きて、どんな反応が起こっているのか、ここを知ることがアトピー、アレルギーをコントロールしていく第一歩となります。

※開いたらエラーになります

てんびん鍼灸治療院のご案内

てんびん鍼灸治療院

所在地 〒270-0023 千葉県松戸市八ヶ崎8‐21‐5-101
電話番号 047-711-8990

診療受付時間

診療時間
10時〜17時

営業日 10:00〜17:00
定休日 日・祝・月(その他不定休あり)

※当院は予約優先制・はじめての方は1日1名までとなっております。
当日のご予約をご希望の方は、お電話にてご予約下さい。

お電話でのご予約は

「ホームページを見て…」とお電話下さい

クリックで電話がかかります

tel.047-711-8990

時間外インターネットでのご予約は

お急ぎの方はお電話でご予約下さい。

無料相談も受付中です。
「これってアレルギー症状?」「私の症状は診てもらえる?」など、不明な点はお気軽にご連絡ください。

-アレルギーあれこれ, コラム
-, , , ,

Copyright© てんびん鍼灸治療院 , 2021 All Rights Reserved.